キャリアアップ術~SI業界~今回はSI業界に焦点を充ててみました!

SI業界からの転向に向いている人の特徴

SI業界からの転向に向いている人は、探求心が強い傾向にあります。
SI業界での業務は完全に分業制なので、特別なスキルを求められることもなく誰でも手がけることが可能です。
未経験者でもテスターから始めることができるので、初心者には向いている職業と言えます。

しかしキャリアアップを目指すのであれば、SI業界からの転向は必要になります。
人気のWebエンジニアは特に多くの人が目指しており、様々なスキルの習得が期待できます。
ただしこれまで長くSI業界で慣れているエンジニアの場合には、自分からスキルを向上させるための創意工夫の仕方というものが上手く掴めずに苦労します。
基本的にエンジニアの仕事には探求心が求められますが、特にSI業界からの転向を目指すのであれば、業務の他でも自分の能力をどのように高めるのかを考えることが必要になります。
普段からそのような取り組みをしている人は、他の業種への転向に向いていると言えるでしょう。

さらにプロジェクト全体の業務に興味を持って、上流工程へも関与しようと努力する人は管理職などの適性があるとも考えられます。
エンジニアは年齢を重ねれば、次第に管理に関わる業務へと転向を勧められます。
これは若い世代が次々に参入することで、開発現場で携われる仕事が少なくなってくるからです。
そのような場合に備えて、いかに幅広くスキルを備えるかが重要となります。
そのような危機感を持っている人も、SI業界以外の仕事にキャリアチェンジするのに向いていると言えるでしょう。