キャリアアップ術~SI業界~今回はSI業界に焦点を充ててみました!

総合的なサポート役として活躍

IT業界の中でも、SIの仕事はSier(エスアイヤー)と呼ばれ、設計・開発・運用・保守管理まで総合的に顧客をサポートしていく役割を担っている業種です。
今後、SI業界から転向を考えている人の中で、専門性の高いエンジニアとしてWeb制作やアプリ開発などのソフトウェア業界などでの活躍を考えている人は、自分の得意分野・能力を分析した上で、企業の担当者にそれを伝えることができなければ転職を成功させる事は難しいかもしれません。
具体的にどんな物が創れるのか、創造性や常に新しいものを開発していく分野では、保守管理よりも独創的なものを形にする技術が必要です。
そういう意味で、顧客ありきでコンサルティングや運用保守管理を行うSI業界とは、仕事の内容に大きな違いがあります。

もしSI業界の強みを活かしたければ、同じ業界での転職を考えるか、Web関係であっても技術者というよりは、顧客やデザイナー・プログラマーをまとめるような、コンサルティングや管理監督をするような業種が向いているでしょう。

IT業界の外に目を向けても、どの業界においても社内でのITシステム管理は必須なので、システム管理のような仕事は重宝がられます。
例えば建設業界などでは工程管理で、現場の人や物・時間の管理などが求められるので、業界は異なっても能力を活かせる職種は結構多いものです。
そのような総合的なサポート役という視点でSI業界からの転向を考えると、成功をつかむチャンスが広がるはずです。